トップページ | 2007年8月 »

第一話 ミチュア・フライ

暗い暗い地下室の中、
小さい頃、よく閉じ込められた記憶がある。

姉上と二人で庭の柿を取ったりだとか、
犬にいたずらしたりだとかでよく閉じ込められた。

そんな子供の頃から10年たった。

「おなか減ったねぇ」

なんでいまだに地下室に閉じ込められてるんですか。
もう16歳でしょ?姉上。

「姉上が悪いんですよ
夕食をつまみ食いされたら怒りますって」

僕は二歳年下でも、正直姉上よりはしっかりしてると思う。
姉上は奇妙で(僕も人のことは言えないが)、
何言ってるかわからなくて(僕も専門用語とかしゃべりすぎだけど)
その上、生まれる前の去が見えるらしい。

「そういえば、私の名前なんだっけ」

そして、よく記憶を落とす。
無くしてるよりも落とすと言った方がそれはもうぴったりな形で

「アイリスですよ。
僕はロー」

そう言うと、姉上は不機嫌な顔になった。
自分の聞いていない事を言われたからだ。

「アイリス。
じゃない、ミチュア・フライ」

何か独り言を言った。
『ミチュア・フライ』は姉上が覚えているずいぶん前の魂の持ち主らしい。
彼女に関する事なら何でも話せる。
それはもう、自分の事以上に覚えている。

僕は、ペンを拾って真っ黒な本を取り出した。
蝋燭の蜀台を指に突き刺して血を流す。

その血をペンにとると、黒い本に姉上の言動を書き始めた。

『BOOKMAN』、それが僕の職業。
異形の記録を書き連ねる、嫌な職業。

姉上を異形と呼ぶのは嫌でも、異形にしか見えない。

もうすぐ、姉上が夕食を盗み食いした罪も許される時刻だろう。
本を閉じると、ため息をつき姉上を見る。

アイリスに戻っている。僕はアイリス姉上の方が好きだ。

カンカンと鍋を鳴らす音が聞こえる。
夕飯が出来たのと同時に外に出される。

夕食の匂いに、体が反応して生理的に音がなる。
アイリス姉上は、手掴みで食べている。

「本、お返しします」

現BOOLMANに本を返す。
いつかは、あの重苦しい制服も受けつぐんだろう。

とりあえずは、夕食を食べよう。
明日がどうなるかは知らないから。

| | コメント (0)

なんか小説

なんか、黒書物語なるものを書いてみた。

ブログ限定の話だがら本館とは別個でお願いします。

ええ、頼みます。怖いんで。

第一話って書いてるけど一話じゃないかも。

自分のパソコンをひらげるのが面倒なんで更新は夏休み入ってから。

一応吸血鬼の方も次回予告を

第7話『マザー』

純血の吸血鬼『スザンヌ』。

彼女の正体は○○○!?

教会と彼女の関係は!?

みたいな感じで

| | コメント (0)

カキ氷

山ほどカキ氷を作って、
シロップも何もかけずただ貪った。

頭が途中でキーンっとして、
何もかも思考が破棄できそうな予感がした。

冷たいもの食べまくって気絶しそうになった時に、
悩みの種が声をかけた。

「甘いものばかり食べていてはダメですよ?」

キンキンに冷たくなったスプーンを口からはずそうとするが、
ベロに引っ付いて取れない。

しかたがないので女の方をぼんやりと眺めた。

「うるへー、ひゃとうもひゃんもひゃひゃってねぇよ」

もはや、自分でも何を言ってるかわからない。
女はクスリと笑うと、新しく皿を出し、
まだ大量に残ってる氷の削った奴を乗せた。

「私も、いただきますね」

凄く色っぽい。
顔というより、しぐさの問題だが、色っぽい。

女は砂糖を少しかけると、
それまた小さな自分の口に合うスプーンを用意し
少しずつ口に運んだ。

スプーンが小さすぎて、口に運ぶまでに殆どとけてしまう。

「美味しいですね」

さっきから俺は何もしゃべっていない。
舌が痛いのもあるし、何しゃべっていいかもわからない。

嫌いだ。こんな女。

「熱でもあるんですか?」

女が、俺の額に手を当てる。

「ちべたい…」

熱は平常どおりの熱だが、
女の手にはさっきまでカキ氷が握られていた。

「やっと、しゃべってくれましたね」

女は嬉しそうに笑った。

あんたが一方的に俺を好きでも、お前の事を俺は嫌いだ。
そう言うつもりだったのに、言葉が途切れた。

許婚というものは、どうにも面倒だ。
嫁は嫁ぐもので、夫の道具。

そんなのは嫌だけれども、時代が時代だ。

時間がたち過ぎてとけたり、固まったりした氷を口に運ぶ。
いくら物理的に体をさました所で、
冷静な考えなんて出来やしない。

結局、自分の心を失っているのに過ぎないのだろう。

この世界でまともという言葉は存在しない。
まともがまず何かなんてわかりやしない。

いくら冷静になろうとも、答えの無いものは、
作るしか答えが出ないのだから。

| | コメント (0)

交換したいです(BlogPet)

ルキニアは、交換したいです。
だけど、きょうルキニアは成績は判明しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「ルキニア」が書きました。

| | コメント (0)

もし犬猫星理論の奴らが学生だったら

放課後座談会

白「なんですかこのふざけた企画は」

由梨「わー!学生服なんて始めて着るー!」

白「ゆ、由梨様!?(鼻血が出てくるのを左手で抑える)
ああ、素敵です。それは『不良』ファッションというのですよ」

由梨「ふりょー?ああ、あれね。
じゃあ、早速(こぶしを構える)」

真琴「おいおい、黒猫さんよ。
不良ってのは格好だけにしといた方がいいぜ」

白「真琴!由梨様を侮辱するな!(斬りかかる)」

真琴「ちょ、ちょい待てェェェ!カッターナイフとかまじ生々しいから!
そういうことは本編で頼むから!」

紅蓮「おいおいテメェ等、俺を差し置いて話し進めるとはいい度胸だなァ
ククッ、黒猫。あんたにはお仕置きが必要みてェだなァ?」

由梨「誰?」

白「ここでの設定はライバル校である『白犬高校』のなんか不良らしいです
付き合ってる人はその辺のおばさんで」

由梨「なんかって微妙ねぇ」

紅蓮「おィィィ!?恋人設定おかしくねェ!?」

白「当たり前です。私の黒猫様とつき合わせてたまるものですか」

涙「あの…本編設定はもう少し捨てる感じで…」

蜜柑「そう…し…ないと…、私、出れな…い
だっ…て、本…編じゃ絡…み、ないから」

由梨「誰?」

白「えっと、彼女の設定は…」

紅蓮「先に進まねぇだろうがァァァァァ!」

というわけで、学生にしてみた。
すると、紅蓮が突っ込みだという事が判明。
真琴は突っ込みでも逃げ突っ込みだからなぁ(何の属性!?

あ、確実に影響されてますよ。
銀八先生っていう本買って来たんで

本当は黒執事が発売してないか見に行ったんですけどね。
8月まで待つか…

しかも由梨が不良で、白が側近みたいな感じ。
いや、似合ってるけどね。

| | コメント (0)

絶望の人

「珍しいですね、姉さまがそんなに弱気だなんて」

由梨はさらわれる数日前に、弱気な言葉を残した。
その言葉は覚えていないが、いつも強気な由梨なだけに白は不安がった。

「杞憂ですよ。きっと、お疲れなんです」

白はそういって由梨を慰めた。
由梨がここまで怖がるのを始めてみた気がする。

杞憂___この言葉は白が自分に言い聞かせて来た言葉と言えなくもない。

戦況は悪化し、両軍ともに資源は尽き果てて、
神は雨を降らせなくなった。

「こりゃ、本当に死ぬかもな」

朱雀は窓の外の干からびた大地を見て答えた。
もうこの大地には何もかも実らない。

「戦争をやめれば、黒猫は食われる。
戦争をやめなければ黒猫も白犬も壊れる」

由梨はそういい残し、部屋を去った。

その三日後、由梨はいなくなった。

| | コメント (0)

わんわん!

犬猫の第二話更新ー!って見てくれてる人もいないかな…うん。

ギャクとか入れにくいからなぁ…、ブログで番外編を書くだけなら許してくださいさ。

てか白犬来たァァァァ!カッケェェェ!白犬かっけぇぇ!

今白犬の死亡予定日(食生活などで調べれる)を見たら『すでに死亡していてもおかしくありません』って出た…w

確かに体重20キログラムで計ったからねぇ…、30キロぐらいで計ったら15年くらい寿命が延びましたw

それでは、また今度ーw

ちなみに紅蓮の誕生日は6月8日w

もう過ぎちゃってますね、ええ。

ちなみにこんな感じ

診断書


竹中紅蓮さんは24歳でその生涯を閉じます


既に死亡していてもおかしくありません。

怖ぇぇよ。うん。

ちなみにサイトはこちらhttp://seibun.nosv.org/sibou/

まぁ、あくまで目安ですから

| | コメント (0)

黒猫

「あ、ご飯もってきてくれたの?
やっぱり体内時計狂っちゃったのかなぁ
まったくおなか減らないやぁ」

由梨は、白犬の本陣でもそう笑った。
手足はバッキバッキに折られて、
薬を何度も打たれても、自我を失う事もなく、笑った。

でも、体にはガタが来てるらしい。
笑いはぎこちなく、目を開けることもままならず、ただ、笑うことしか出来ない。

「誰がてめぇにメシなんて持って来るかよ!
早くくたばりやがれ!」

白犬軍は逆に恐怖した。
記憶を失わせようと何度も薬を盛ったのに、自我さえ失わない黒猫に恐怖したのだ。

「ねぇ、今面白いことある?
私ね、もう痛みも感じないんだぁ」

いくら痛めつけても、動じない黒猫。
そんな黒猫が怖くて怖くてたまらなかった。

「ねぇ…」
.
.
.
.
.
.
.
由梨としての最期を見た人はいない。

でも確かなのは、最期まであの自我を維持したであろうという事だ。

| | コメント (0)

その名は

「だーかーらー!黒猫さん。
ここは子供もいるんだからそういう雑誌は控えてくださいよ」

戦争が始まってからも、少しの間は平和だった。
黒猫軍の中には老若男女、すべての人々が集まっていた。

自由な思想。人を守る思想。

そんな思想を持った由梨が黒猫となって、乱世を駆けた。

それはまだ、黒猫『篠原由梨』が生きてる頃の話______

「別にこれ、子供が読んでも大丈夫じゃないの?
大体これ、白が買ってきたんだよ?」

由梨が手にしてるのは『一から始める子供の拷問書』という物だった。

「子供ってついてるし、大丈夫じゃない?」

黒猫は気楽で、自由で、何にも縛られない生き方を選んだ。
本来は戦争なんて好まなかっただろう、でも、戦う事を拒まなかった。
由梨には間違いなく戦いの血が流れているのだろう。
戦うときに、元々猫のような瞳は、ことさらに丸くなった。

「はい、白。
面白かったよ」

そう言うと、さっき持っていた如何わしい書籍を白の手に渡した。

「狂、私はねぇ、革命だかなんだかして世界をうるさくしようとは思わないの。
だからってうるさい世界もきらいじゃない。そのうるさい世界の合間をぬって歩くのが私達猫だもの」

狂とは、さっき黒猫に本のことで注意した青年である。
由梨は、皆を平等に気に入っていた。

「みんな、私より早く死ぬんじゃないよ」

若い黒猫、その名は『篠原由梨』

| | コメント (0)

★犬猫星理論☆

いやはやw★犬猫星理論連載☆スタートw

うち的にはこういう話が好きなんだけど

なかなか見つからなくてねぇ…。

っという事で自分で書くか。

基本ストーリは白犬軍と黒猫軍の戦った戦争の後の話だねぃ。うん。

主人公は篠原 涙。

実は苗字が篠原だったりするんだよねw

あと、篠原由梨ってのはめちゃくちゃ出したかった名前さ。

やっと本編登場だよ。お待たせですー。

っという事でwお楽しみに

え?吸血鬼はどうなった?

いやいや、考えてますけどそんなにせかさないせかさない。

更新ってのはそんなに早くないものですよ。

一週間に一つくらい出したいとは思いますけどね、現実が…。。。。

それではw

| | コメント (1)

クラウンゲーム

++++クラウンゲーム++++

+あらすじ

・ある日、学校の部活から帰ってきた須藤理奈は玄関に放置してある小包に気づく。
小包には小さく『クラウンゲーム』と書かれている紙が乗ってある。
包みを開けて出てきた紙に参加同意書と書かれた一枚の紙を見つけたが、
理奈は動揺して紙を破いてしまい、クラウンゲームの参加を断れなくなった。
クラウンゲームに向かった理奈の前に待っていたのは、
なんと自分の学校の同級生や後輩だったのです。

+前回までのあらすじ

・一番の親友である充の話でクラウンが一人ではない事を知った理奈は、
クラウンゲームを終わらすべく、第一のクラウンを倒そうとする。
クラウンの正体を知るべく理奈は情報交換所に大切な人形を差し出す。
でもその人形にこそクラウンの情報が刻まれてるらしくて…?

+登場人物

・須藤 理奈・・・・一月前までは普通の高校生だったが
          ある日の出来事を境にクラウンゲームへ強制参加してしまう。

・須藤 卓也・・・・理奈の弟で調べ物に対しては抜群の能力を誇る。
          運動は苦手で、いつも理奈に助けてもらっている。

・春日 潤 ・・・・理奈の彼氏で理奈をいつも助けてくれる。
          眼鏡は父の形見であるらしく度が入っていない。

・紀伊 充 ・・・・理奈と遥の親友。
          何かと破天荒な気質を持つ。

・利根 遥 ・・・・頭のいいお姉さま。
          いつも楽しそうに場を盛り上げてくれるムードメーカ。

・クラウン ・・・・正体不明の仮面男。
          いつも機械音でしゃべるため、声さえも不明。

・唯    ・・・・クラウンを影で支える少女。
          ゲームの説明などをしてくれる。

こんな感じの小説を書きたいなぁ…。

ってのを小説の願望ってカテゴリーに入れとくか…

| | コメント (0)

アクセサリー(今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ アクセサリー
「指輪、ピアス、ネックレスなどあなたはアクセサリーをしますか?また、好きなアクセサリーは何ですか?」
一応気に入ってる『孔雀石』のネックレスがあります。
っと言っても先の方にちょっと孔雀石がついてるだけです。
理由は…うん。毒性が強いから(いや、金がないからだろう。
まぁ、宝石とかは好きですよ。
でも、ピアスは嫌だなぁ…。
するなら指輪ですね。
アレルギーが出ないで適度の輝きを持った奴。

それではw

| | コメント (0)

雑誌購読(今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 雑誌購読
「あなたはどんな雑誌を購読していますか?また、その雑誌のいいところを書いて、他の人にオススメしてください。」
ん〜
…………ジャンプかねぇ?
オススメは難しいなぁ…
特に人を選ぶ漫画じゃないけど
時々いやに人を選ぶ漫画もあるからなぁ。
私は人を選ぶ漫画の方が好きです。
外れると「っち」って感じですけどね

| | コメント (0)

カレー(今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ カレー
「ビーフカレー、カツカレー、チキンカレーなど、あなたはどんなカレーが好きですか?」
カレーは…うん。
最近カレーよりアレだな。
麺類が食べたい…。

いや待てよ!?
カレーと麺類をわせれば…


ジャルジャルジャーン♪

オトハは『カレー』と『麺類』を合成して、
『カレーうどん』を作った。

……うわぁ…

| | コメント (0)

七夕(今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 七夕
「今日は七夕です。願い事を書いてください。」
そういえば七夕…。

お願い事は…人は欲が尽きないからなぁ。

絵が上手くなりたいし…小説も書きたいし。
勉強の成績も欲しい…。

人は欲が尽きないなぁ

| | コメント (0)

紅の雪

昨日の帰り道にアイス何買おうかなぁ…っとしてたら忍者物が書きたくなってしまった。

危ない危ない。

ちなみにポイントは、

1、主人に従順

2、機械

3、忍者

って感じですかね。

アイス食べたい…。

| | コメント (0)

終わったァァァ!

よし、ひと段落ついたぜェェ!

何がついたかは秘密の方向で、

よし、頑張ろう。それ頑張ろう。

小説更新頑張ろう。

とりあえず宇宙人と交信でも…(疲れ気味

| | コメント (1)

きょうナモが予感しなかったー(BlogPet)

きょうナモが予感しなかったー。
大分はここまで大分が楽しみ予感されたみたい…


*このエントリは、ブログペットの「ナモ」が書きました。

| | コメント (0)

投稿のテスト(BlogPet)

うまく投稿できるかな?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ナモ」がテスト投稿の為に書きました。

| | コメント (0)

投稿のテスト(BlogPet)

うまく投稿できるかな?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ナモ」がテスト投稿の為に書きました。

| | コメント (0)

ブログペットって…

ブログペットって確か記事を書いてくれるんですよね。

まぁ大分先ですが楽しみです。

てか文節がわかるんだぁ…すごい。

うわさでは口癖も出来るそうで。

関西弁になりそうな予感

| | コメント (1)

ネコにゃん…♪

ということでブログペット『ナモ』を飼い始めてみました。

っな!?もうすでに大分賢いではありませんか!

改装って覚えてるよ…可愛いなぁ。

ここに小説を載せたら大分言葉を覚えそうな気がしますよw

他にも犬とかねずみとかあったけど、ナモは猫でしょ。

ちなみにナモは私の小4くらいの時に考え出された架空の動物です。

はっはwブログペット可愛いw

| | コメント (0)

ブログ改装ー!

ブログを変えて見ました…w

理由はブログペットなる物を飼いたくて。

ヤフーでも飼えるんですが画像だけになっちゃうので。

あと、ブログ専門の方が可愛いかな?とか。

では、ふわふわプリンをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

トップページ | 2007年8月 »